『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

帚木蓬生Hahakigi Housei

帚木蓬生の略歴

1947(昭和22)年、福岡県生れ。
東京大学仏文科卒業後、TBSに勤務。
2年で退職し、九州大学医学部に学ぶ。
2020年3月現在は精神科医。
1993(平成5)年『三たびの海峡』で吉川英治文学新人賞、1995年『閉鎖病棟』で山本周五郎賞、1997年『逃亡』で柴田錬三郎賞、2010年『水神』で新田次郎文学賞、2011年『ソルハ』で小学館児童出版文化賞、2012年『蠅の帝国』『蛍の航跡』の二部作で日本医療小説大賞、2013年『日御子』で歴史時代作家クラブ賞作品賞、2018年『守教』で吉川英治文学賞と中山義秀文学賞をそれぞれ受賞。
『国銅』『風花病棟』『天に星 地に花』『受難』『悲素』『襲来』といった小説のほか、新書、選書、児童書などにも多くの著作がある。
(『悲素』刊行時(2015年7月22日)の「BOOK著者紹介情報」より)

帚木蓬生の『このミス』ランクイン作品一覧

受賞年 順位 作品名 得点
2016年版 第39位 悲素 23点
Copyright © 2014-2020 このミスまとめ All Rights Reserved.