『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

香住春吾Kazumi Shungo

香住春吾の略歴

1909(明42)年生まれ。
本名・浦辻良三郎。
別名・香住春作。
京都符生まれ。
1937(昭12)年、『週刊朝日』の懸賞実話に「白粉とポマード」が入選。
戦後間もなく、後の関西探偵作家クラブの前身、神戸探偵小説クラブに参加し、48年、春作名義のユーモア・コント「見合令嬢」で小説家としてデビュー。
49年、「カロリン海盆」で『宝石』短篇懸賞選外佳作。
ラジオ放送作家として活躍し始めた50年に、筆名を春吾と改名。
ユーモラスな語り口のミステリを得意とした。
テレビ時代に入って放送作家業が多忙となり、55年の「間貫子の死」をもって小説の筆はいったん途絶えた。
1993(平5)年、歿
(『香住春吾探偵小説選〈1〉』刊行時の「BOOK著者紹介情報」より)

香住春吾の『このミス』ランクイン作品一覧

受賞年 順位 作品名 得点
2017年版 第43位 香住春吾探偵小説選〈1〉 22点
Copyright © 2014-2021 このミスまとめ All Rights Reserved.