『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

横溝正史Yokomizo Seishi

横溝正史の略歴

1902(明35)年、神戸市生まれ。
本名正史。
神戸二中卒業後、銀行勤務。
21(大10)年「恐ろしきエイプリル・フール」が『新青年』懸賞に入選。
同年、大阪薬学専門学校入学。
卒業後は薬種業を営んでいたが、26年、江戸川乱歩の招きで上京し、博文館に入社。
32(昭7)年、退社して創作に専念しようとしたが、翌年喀血。
療養後の35年、「鬼火」で再起を果たす。
45年、岡山に疎開。終戦後、長編「本陣殺人事件」を『宝石』に連載。
同作品で第1回探偵作家クラブ賞(現・日本推理作家協会賞)を受賞。
以後、『獄門島』(49)『犬神家の一族』(51)などを発表。
『夜の黒豹』(64)以後は休筆状態だったが、74年に『仮面舞踏会』を書下ろし刊行して復活。
76年、勲三等瑞宝章を叙勲。
81(昭56)年、病没
(『横溝正史探偵小説選〈5〉』刊行時の「BOOK著者紹介情報」より)

横溝正史の『このミス』ランクイン作品一覧

受賞年 順位 作品名 得点
2017年版 第34位 横溝正史探偵小説選〈5〉 26点
Copyright © 2014-2021 このミスまとめ All Rights Reserved.