『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

『このミステリーがすごい!』大賞 第14回(2015年度)『KONOMYS』 GP Volume 14 (2015 Edition)

『このミステリーがすごい!』大賞 第14回(2015年度)

謎の前衛芸術家の設定とアート業界の描写が光る一色さゆり『神の値段』と、リーダビリティ抜群の金融エンターテインメント、城山真一『ザ・ブラック・ヴィーナス』の2作品が大賞に決定しました。
優秀賞には、野球小説としての確かなディティールと人物造型が評価された大津光央(応募時筆名:大津ミツオ)『たまらなくグッドバイ』が選ばれました。
(「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

< 前回(第13回) 次回(第15回) >

  • 大賞大賞神の値段


    著者:一色さゆり

    メディアはおろか関係者の前にも一切姿を見せない現代美術家・川田無名。
    彼は、唯一つながりのあるギャラリー経営者の永井唯子経由で、作品を発表し続けている。
    ある日唯子は、無名が1959年に描いたという作品を手の内から出してくる。
    来歴などは完全に伏せられ、類似作が約六億円で落札されたほどの価値をもつ幻の作品だ。
    しかし唯子は突然、何者かに殺されてしまう。
    アシスタントの佐和子は、唯子を殺した犯人、無名の居場所、そして今になって作品が運びだされた理由を探るべく、動き出す。
    幻の作品に記された番号から無名の意図に気づき、やがて無名が徹底して姿を現さない理由を知る―。
    2016年第14回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。
    美術ミステリーの新機軸!
    (「BOOK」データベースより)

    大賞大賞ブラック・ヴィーナス 投資の女神(応募時タイトル:ザ・ブラック・ヴィーナス)


    著者:城山真一

    依頼人のもっとも大切なものを報酬に、大金をもたらす株取引の天才「黒女神」。
    助手を務めるのはメガバンクに失望した元銀行員。
    やがて二人は壮絶な経済バトルに巻き込まれていく。
    2016年第14回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。
    株取引の天才が人の心理を読み解く、新たな経済サスペンス。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞優秀賞たまらなくグッドバイ(応募時筆名:大津ミツオ)


    著者:大津光央

    二十八年前、八百長疑惑をかけられてみずから命を絶った伝説の下手投げ投手K・M。
    四半世紀後、行方不明になっていた千五百奪三振の記念ボールが発見されたのをきっかけに、彼を再評価する動きが起こる。
    作家の芹澤真一郎は、K・Mの伝記を書くべく関係者たちのもとを取材して回るが、彼にまつわるエピソードにはいくつもの謎があった。
    誤審に抗議した相手チームの監督はなぜ急に引き下がったのか。
    発見された記念ボールは本物なのか。
    そして、八百長疑惑の真相は?
    2016年第14回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    < 前回(第13回) 次回(第15回) >

Copyright © 2014-2022 このミスまとめ All Rights Reserved.