『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

『このミステリーがすごい!』大賞 第15回(2016年度)『KONOMYS』 GP Volume 15 (2016 Edition)

『このミステリーがすごい!』大賞 第15回(2016年度)

治るはずのない癌が完全に寛解する、という前代未聞の謎に挑んだ医療本格ミステリー、岩木一麻『救済のネオプラズム』が大賞に決定しました。
優秀賞には、地に足の着いた筆致と伝奇小説的スペクタクルが評価された三好昌子『縁見屋の娘』、大胆なフィクションを導入してぐいぐいと読ませるスパイ警察小説、柏木伸介(応募時筆名:森岡伸介)『クルス機関』の2作品が選ばれました。
(「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

< 前回(第14回) 次回(第16回) >

  • 大賞大賞がん消滅の罠 完全寛解の謎(応募時タイトル:救済のネオプラズム)


    著者:岩木一麻

    呼吸器内科の夏目医師は生命保険会社勤務の友人からある指摘を受ける。
    夏目が余命半年の宣告をした肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金を受け取った後も生存、病巣も消え去っているという。
    同様の保険金支払いが続けて起きており、今回で四例目。
    不審に感じた夏目は同僚の羽島と調査を始める。
    連続する奇妙ながん消失の謎。
    がん治療の世界で何が起こっているのだろうか―。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞優秀賞縁見屋の娘(応募時筆名:三好昌子[みよしまさこ])


    著者:三好昌子[みよしあきこ]

    「縁見屋の娘は祟りつき。男児を産まず二十六歳で死ぬ」―
    江戸時代、京で口入業を営む「縁見屋」の一人娘のお輪は、母、祖母、曾祖母がみな二十六歳で亡くなったという「悪縁」を知り、自らの行く末を案じる。
    謎めく修行者・帰燕は、秘術を用いて悪縁を祓えるというが…。
    縁見屋の歴史と四代にわたる呪縛、そして帰燕の正体。
    息を呑む真実がすべてを繋ぎ、やがて京全土を巻き込んでいく。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞優秀賞県警外事課 クルス機関(応募時タイトル:クルス機関/応募時筆名:森岡伸介)


    著者:柏木伸介

    “歩く一人諜報組織”=“クルス機関”の異名をとる神奈川県警外事課の来栖惟臣は、日本に潜入している北朝鮮の工作員が大規模テロを企てているという情報を得る。
    一方そのころ、北の関係者と目される者たちが口封じに次々と暗殺されていた。
    暗殺者の名は、呉宗秀。
    日本社会に溶け込み、冷酷に殺戮を重ねる宗秀であったが、彼のもとに謎の女子高生が現れてから、歯車が狂い始める―。
    (「BOOK」データベースより)

    < 前回(第14回) 次回(第16回) >

Copyright © 2014-2021 このミスまとめ All Rights Reserved.