『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

『このミステリーがすごい!』大賞 第17回(2018年度)『KONOMYS』 GP Volume 17 (2018 Edition)

『このミステリーがすごい!』大賞 第17回(2018年度)

マニアックな領域の薀蓄を巧みにミステリーに落とし込んだ作品、歌田年『模型の家、紙の城』(応募時筆名:歌明田敏)が大賞に決定しました。優秀賞には、ロジカルな推理で被害者の死亡時刻を突き止める朝永理人『君が幽霊になった時間』(応募時筆名:泡沫栗子)が選ばれました。
また、ドラマ化を前提とした賞、U-NEXT・カンテレ賞には、都市伝説をめぐって人間の悪意を描く学園ミステリー、貴戸湊太『ユリコは一人だけになった』(応募時筆名:貴志祐方)に決定いたしました。
(「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

< 前回(第16回) 次回(第18回) >

  • 大賞大賞怪物の木こり


    著者:倉井眉介

    強烈な個性を放つ最悪の追走劇。
    感情のないサイコパス弁護士vs斧で襲い、脳を奪うシリアルキラー。
    2019年 第17回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞優秀賞盤上に死を描く(応募時筆名:猫吉)


    著者:井上ねこ

    71歳の老婆が自宅で殺された。
    片手に握っていたのは将棋の「歩」、ポケットに入っていたのは「銀」の駒。
    その後、名古屋市の老人が次々に殺害されるが、なぜか全ての現場には将棋の駒が残されていた。
    被害者の共通点も見いだせず行き詰まるなか、捜査一課の女性刑事・水科と佐田はある可能性に気がついて―。
    事件が描く驚愕の構図とは?被害者たちの意外な繋がりとは? 衝撃のデビュー作!『このミステリーがすごい!』大賞第17回優秀賞受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞U-NEXT・カンテレ賞名もなき復讐者 ZEGEN(応募時タイトル:その男、女衒)


    著者:登美丘丈

    八戸で水産加工場を営む佐藤幸造のもとに、突然「女衒」を自称する男が現れ、偽装結婚を持ちかけてきた。
    相手は、病気の夫の治療費をまかなうため、中国から出稼ぎにきている李雪蘭。
    彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。
    幸造は迷いつつも、男の話を承諾するが…。
    一方、偽装結婚を取り持ち、女たちの世話をする裏で、女衒は妻を自殺に追い込んだ男たちへの復讐を続けていた―。
    (「BOOK」データベースより)

    < 前回(第16回) 次回(第18回) >

Copyright © 2014-2021 このミスまとめ All Rights Reserved.