『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

『このミステリーがすごい!』大賞 第18回(2019年度)『KONOMYS』 GP Volume 18 (2019 Edition)

『このミステリーがすごい!』大賞 第18回(2019年度)

マニアックな領域の薀蓄を巧みにミステリーに落とし込んだ作品、歌田年『模型の家、紙の城』(応募時筆名:歌明田敏)が大賞に決定しました。優秀賞には、ロジカルな推理で被害者の死亡時刻を突き止める朝永理人『君が幽霊になった時間』(応募時筆名:泡沫栗子)が選ばれました。
また、ドラマ化を前提とした賞、U-NEXT・カンテレ賞には、都市伝説をめぐって人間の悪意を描く学園ミステリー、貴戸湊太『ユリコは一人だけになった』(応募時筆名:貴志祐方)に決定いたしました。
(「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

< 前回(第17回) 次回(第19回) >

  • 大賞大賞紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人(応募時タイトル:模型の家、紙の城/応募時筆名:歌明田敏)


    著者:歌田年

    どんな紙でも見分けられる男・渡部が営む紙鑑定事務所。
    ある日そこに「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いした女性が、彼氏の浮気調査をしてほしいと訪ねてくる。
    手がかりはプラモデルの写真一枚だけ。
    ダメ元で調査を始めた渡部は、伝説のプラモデル造形家・土生井と出会い、意外な真相にたどり着く。
    さらに翌々日、行方不明の妹を捜す女性が、妹の部屋にあったジオラマを持って渡部を訪ねてくる。
    土生井とともに調査を始めた渡部は、それが恐ろしい大量殺人計画を示唆していることを知り―。
    第18回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞優秀賞幽霊たちの不在証明(応募時タイトル:君が幽霊になった時間/応募時筆名:泡沫栗子)


    著者:朝永理人

    羊毛高校文化祭の二日目の午後、二年二組のお化け屋敷で、首吊り幽霊に扮していたクラス委員・旭川明日葉の絞殺死体が発見された。
    彼女に想いを寄せていた「僕」こと閑寺尚は、打ちひしがれながらもその仇を討つべく、クラスメイトの甲森瑠璃子とともに調査に乗り出す。
    幽霊役の彼女はいつ本物の死体になったのか。
    分刻みの“時間当て”で犯人を絞り込む本格フーダニット・パズラーの傑作!2020年第18回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞U-NEXT・カンテレ賞そして、ユリコは一人になった(応募時タイトル:ユリコは一人だけになった/応募時筆名:貴志祐方)


    著者:貴戸湊太

    百合ヶ原高校には「ユリコ様伝説」がある。
    ユリコという名を持つ生徒は超常的な力で守られ、逆らう者には不幸が訪れる。
    ただしユリコ様になれるのは一人だけ。
    ユリコが二人以上いた場合、彼女たちも不幸な目にあって転校や退学をし、一人だけが残る。
    新入生の百合子は伝説を聞いて怯えるが、親友の美月に単なるオカルトだとなだめられる。
    しかし、ユリコという名の生徒が屋上から転落し―。
    第18回『このミステリーがすごい!』大賞U‐NEXT・カンテレ賞受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    < 前回(第17回) 次回(第19回) >

Copyright © 2014-2021 このミスまとめ All Rights Reserved.