『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

『このミステリーがすごい!』大賞 第19回(2020年度)『KONOMYS』 GP Volume 19 (2020 Edition)

『このミステリーがすごい!』大賞 第19回(2020年度)

大企業の御曹司であった元彼の奇妙な遺言状をめぐり、信じるものはお金のみの女性弁護士が奔走する新川帆立『元彼の遺言状』(応募時タイトル「三つ前の彼」)が大賞に決定しました。
文庫グランプリ(従来の優秀賞より名称を変更)には、アクション描写と骨太な世界観が高く評価された亀野仁『暗黒自治区』(応募時タイトル「砂中遺物」、応募時筆名:龜野仁)、複数の事件が錯綜しながら、意外な結末へと着地する誘拐ミステリー、平居紀一『甘美なる作戦(仮題)』(応募時筆名:呉座紀一)の2作品が選ばれました。
(「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

< 前回(第18回) 次回(第20回) >

  • 大賞大賞元彼の遺言状(応募時タイトル:三つ前の彼)


    著者:新川帆立

    「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」奇妙な遺言状を残して、大手製薬会社の御曹司・森川栄治が亡くなった。
    学生時代に彼と三ケ月だけ交際していた弁護士の剣持麗子は、犯人候補に名乗り出た栄治の友人の代理人として、森川家主催の「犯人選考会」に参加することとなった。
    数百億円ともいわれる遺産の分け前を獲得すべく、麗子は自らの依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走するがー。
    著者自らが経験した戦後日本の混乱期と、青春の日々をみずみずしく描き出す。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞文庫グランプリ暗黒自治区(応募時タイトル:砂中遺物/応募時筆名:龜野仁)


    著者:亀野仁

    隣国に侵食された日本列島で、“拉致チーム”の一員にスカウトされた由佳は、旧東京で“中央”政府高官の拉致作戦に参加して失敗、警察に身柄を拘束されてしまう。
    ところが、神奈川県公安局から国連警察への護送中、由佳を乗せた車両は高速道路で何者かに襲撃される。
    襲撃グループの目的とは?
    護送を担当していた神奈川県公安局の雑賀は、とある事情から由佳を逃がすべく逃避行を開始する。
    2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞文庫グランプリ受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    受賞文庫グランプリ甘美なる誘拐(応募時タイトル:甘美なる作戦/応募時筆名:呉座紀一)


    著者:平居紀一

    ヤクザの下っ端、真二と悠人。
    人使いの荒い兄貴分にこき使われる彼らの冴えない日常は、ある他殺体を見つけてから変わり始める。
    同じ頃、調布で部品店を営む植草父娘は、地上げ屋の嫌がらせで廃業に追い込まれかけていた。
    一方、脱法行為で金を稼ぐ宗教団体・ニルヴァーナでは、教祖の孫娘・春香が誘拐されー。
    様々な事件が、衝撃のラストにどうやって帰結する!?
    誘拐ミステリーの新機軸!第19回『このミステリーがすごい!』大賞、文庫グランプリ受賞作。
    (「BOOK」データベースより)

    < 前回(第18回) 次回(第20回) >

Copyright © 2014-2021 このミスまとめ All Rights Reserved.