『このミステリーがすごい!』非公式サイト 【このミスまとめ】

『このミステリーがすごい!』大賞 第20回(2021年度)『KONOMYS』 GP Volume 20 (2021 Edition)

『このミステリーがすごい!』大賞 第20回(2021年度)

特許権侵害を警告された人気VTuberを救うべく、ヒロインが奔走する弁理士ミステリー南原 詠『バーチャリティ・フォール(仮題)』が大賞に決定しました。
文庫グランプリには、未曾有の密室ブームを迎えている特殊設定下の日本で、高校生探偵が活躍する濃厚な本格ミステリー鴨崎暖炉『館と密室(仮題)』(応募時筆名:金平糖)が選ばれました。
(「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

< 前回(第19回) 次回(第21回) >

  • 大賞大賞特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来(応募時タイトル:バーチャリティ・フォール)


    著者:南原詠

    人気VTuberが、特許権侵害の警告を受けて活動停止に追い込まれた。弁理士の大鳥小夜が、VTuberを救うべく繰り出した秘策とは……。
    (「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

    受賞文庫グランプリ密室黄金時代の殺人 雪の館と六つのトリック(応募時タイトル:館と密室)


    著者:鴨崎暖炉

    「密室の不解証明は、現場の不在証明と同等の価値がある」との判例により、現場が密室である限りは無罪であることが担保された日本では、密室殺人事件が激増していた。
    そんななか、著名なミステリー作家が遺したホテル「雪白館」で密室殺人が起きた。
    館に通じる唯一の橋は落とされ、孤立した状況で繰り返される凶行の現場はいずれも密室、死体のかたわらには奇妙なトランプが残されていてーー。
    (「宝島社 『このミステリーがすごい!』大賞 公式サイト」より)

    < 前回(第19回) 次回(第21回) >

Copyright © 2014-2022 このミスまとめ All Rights Reserved.